「北海道・北東北の縄文遺跡群」㊗世界文化遺産登録!

「北海道・北東北の縄文遺跡群」㊗世界文化遺産登録!

2021年7月27日、「北海道・北東北の縄文遺跡群」が、ユネスコ世界文化遺産への登録が発表されました!

「北海道・北東北の縄文遺跡群」は、北海道や青森県、岩手県、秋田県にまたがる17の遺跡で構成され、1万年以上続いた農耕以前の定住生活の成熟の過程や精神文化の深化を顕著に示しているとされています。

その中で、ここ函館には、大船遺跡と垣ノ島遺跡の2ヵ所があり、函館市南茅部地区で出土した国宝の中空土偶「茅空」があります。

五稜郭タワーでは、登録を受け、中空土偶「茅空」の看板にお祝いのタスキと幟を、1階エントランスホールにて掲示しております。

【関連サイト】
函館市縄文文化交流センター
市立函館博物館 令和3年度企画展「大船・垣ノ島遺跡と世界遺産」

#北海道北東北の縄文遺跡群
#函館 #世界文化遺産

#JomonPrehistoricSitesinNorthernJapan
#hakodate #worldculturalheritage #JomonJapan

2021年7月27日、「北海道・北東北の縄文遺跡群」が、ユネスコ世界文化遺産への登録が発表されました!
函館には、大船遺跡と垣ノ島遺跡の2ヵ所があり、函館市南茅部地区で出土した国宝の中空土偶「茅空」があります。